t.JPG

2020年4月19日 1台目購入 電子式個人線量計 EPD-Gを買い、電源を入れて自分に当てしばらくして、 放射線測定器の線量計 の累積が721μSvで赤いランプとブザー音が鳴りっぱなしに

722v.JPG

2020年7月5日

1日で最高849マイクロシーベルト被爆

849.JPG

危険値のブザー音は、6月28日、7月9日にもなっています。

7月9日に電池が切れて電池交換をしています。

​その為、7月5日のこの849マイクロシーベルトの積算と別に2020年7月9日の電池が切れた時1度に856マイクロシーベルト被爆しています。

 危険値のブザー音は。この機器は、販売店で設定して販売しています。

 

 一度目が一律100マイクロシーベルト2度目が1000マイクロシーベルト3度目が2000マイクロシーベルトになっています。

電池が交換と同時にリセットされるそうです。

863.JPG
820.JPG

メーカーに問い合わせると1時間で今までの最高値が820マイクロシーベルトだったとの事。​私は、5月半ばに高線量の放射線をあてられてからこちらの機器をサポートでリセットしてもらっていました。購入したてなので4月19日以降に1時間で最高820マイクロシーベルト被爆しています。
 

2020年7月5日 危険値のブザー音が2回鳴りました。

2020年7月9日、今日も朝から危険値のブザー音。

​この時、電池が切れ、電池交換をします。

そして、この表示が積算になります。

電池が交換と同時にリセットされるそうです。

2020年7月9日、今朝も2つの放射線測定機の危険値のブザー音がなりました。私は、勝手に公安から人体実験の被験者に選ばれて24時間365日足立区民に衛星チャンネルで監視、盗撮され宗教団体や地域住民に嫌がらせを受けてきました。国家犯罪に気がついた私を急いで被爆させようとしています。放射線測定器の衛星経由での操作や衛星レーダーでの監視は、創価学会の婦人部で行われています。
2020年7月9日、今日も朝から危険値のブザー音。
危険値は、購入して間もないので​2020年5月20日以降6月29日までの間で、1時間で820マイクロシーベルトがピーク時の被爆  

 

 危険値のブザー音はこの機器は、販売店で設定して販売しています。

 


一度目が一律100マイクロシーベルト2度目が1000マイクロシーベルト3度目が2000マイクロシーベルトになっています。それ以降上がっていきます。7月5日にも危険値のブザー音が鳴っています。

 

 

他の測定機も4ミリシーベルトを超えていました。

 

この日危険値のブザー音は、2度鳴りました。

1000マイクロシーベルトを超えていた事になります。

2020年7月5日から1週間

2020年7月13日

1日で最高863マイクロシーベルト被爆

最高値の積算が1週間で863マイクロシーベルト

863.JPG

​2020年7月14日、メーカーに問い合わせました。

2020年7月14日 朝、積算が864マイクロシーベルトでした。

864.JPG

​これが積算の表示だそうです。

​メーカーの説明では、積算や最高値は、電池を変えた時リセットされるそうです。

seki.JPG

​私は、2020年7月9日に危険値のブザー音が2回なり電池交換しています。電池を交換後856マイクロシーベルトになっています。つまりこの時、856マイクロシーベルト照射された事になります。

​メーカーの説明です。

​2020年7月9日に電池が切れます。

​電池を交換直後に856マイクロシーベルトでした。つまり、この瞬間に856マイクロシーベルト照射されています。

856.JPG

​2020年7月9日  今朝です、

864.JPG

2020年7月15日、THERMOの2台目です。今日購入して電源を入れると危険値のブザー音と共に345マイクロシーベルトの表示

34.JPG

動画が長くて投稿できなかったので分割しました。

衛星経由で危険値のブザー音も操作されています。

考えられるのが現在の最高値の820マイクロシーベルト以下であててきて積算を変えているのではと思います。

t2.JPG

2020年7月15日、THERMOの2台目を購入して電源を入れると危険値のブザー音と共に345マイクロシーベルトの表示でした。この時数値をリセットしています。 もう1台は、2020年7月09日に電池を交換直後に856マイクロシーベルトの危険値になりここでリセットしています。 この後、積算と線量をノートにつけているので衛星経由で2台とも操作されていると分かっていました。 この動画は、電池交換をしているのにも関わらず積算もピーク時の値もリセットされていません。 これが細工されている証拠です。 この機器はメーカーの取説にも記載がありますが電源のオン、オフがありません。 数値をリセットしたければ電池を抜くのですが 新品で買った商品が2台共壊れているはずもなく 衛星経由で電池無しでも数値を入れられる証拠です。 何も入っていない状態で積算が出ているのは故障などではなく操作です。 結局電池の交換と抜き差しを2回行っても数値は以前のままです。 そして、この国家犯罪は、ガイガーカウンターの販売店やレンタル業者も ほとんどが知っています。病院も、、 自分達の責任ではないと逆切れされる場合があります。 国が認可して公安が行っているからです。

測定器は、全て衛星経由で数値の操作をされている。​

笑っていしまうのがTHERMOですが通常電池を外すとリセットされる仕様のガイガーカウンターが

電池を抜いてもずっと同じ数値が加算されてリセットできなくされています。

2台共です。

​​​​​2020-10-19 00-51
衛星経由で乗っ取られたThermo

Thermo 10μSv/hを超えて危険値のブザー

20201220

 

お昼過ぎにThermoの危険値のブザーが鳴りました。 10μSv/hを超えたからか100μSv/超えです。この時ATOMTEXの電源を入れると数値を改ざんしていますが線量も積算も数字横左に危険値のマークが出ています。動画で確認すると自宅のガイガーカウンターには、小型ICチップが設置され数値を改ざんされてきましたが私の自宅のガイガーカウンターの台数が多くデータ送信で改ざんしきれないとこのように危険値のブザーが鳴るのだと思います。今朝、人身御供と言う言葉が浮かび検索すると集団または特定の個人の利益や欲望のために、ある個人を犠牲にすること。とありました。集団ストーカーテクノロジー犯罪のシステムがまさにこの人身御供だと思います。画像を見ると村人によって選別され村人によって心臓をえぐり出された生贄の人間と熱狂する群集が描かれていました。今日も学生達が自宅前に来て興奮して怒鳴っていましたがこの人身御供は、村の誰一人として悪い事をしている意識は、ありません。このシステムが当たり前のように出来上がっていて自分達の繁栄や利益に結び付くと信じられていたからです。

Thermo 10μSv/hを超えて危険値のブザー

20201226

 

Thermoの危険値のブザーが鳴りました。 10μSv/hを超えたからか100μSv超えです。ガイガーカウンターは、RFIDで数値の改ざんをされていますが完全に乗っ取られているわけではありません。危険値のブザーも数値も本当の線量が出る事があります。

昨日もThermoの危険値のブザーが鳴りThermoに設置されたチップにデータ送信され危険値のブザーを止められています。

今日も午前中に(10時台だったと思います)Thermoの危険値のブザーが鳴り電池が切れます。

電池を入れ直すと373μSv。


これは、この時、373μSvを一瞬で照射されています。

(この機器は、電池を入れた時点で数値がリセットされる仕様)


この電池が切れたThermoを見ると2020年年末に2回危険値のブザーが鳴っていて2020年12月29日に電池交換している機器が電池切れになっていました。

わずか9日で電池が切れているのでこの間何度も何度も危険値のブザーが鳴ってそれを無線でガイガーカウンターを乗っ取り危険値のブザーを一瞬で止めているはずです。


ATOMTERXもThermoもDoseiもエステーエアーカウンターSも危険値のブザーが鳴るガイガーカウンターは、電池の消耗が異常に早く被爆地でも行かない限りここまで早くなくならないとメーカーに言われた事があります。


そして、乗っ取られているThermoの電界・磁界ですがやはりナノチップ自体が人口ネットワークを築いてアンテナ通信しているので(さらに、ガイガーカウンター乗っ取りでデータ送信が頻繁)磁界が高いです。

 

1台は、磁界 0.30 μT    電界 9  V/m


1台は、磁界 0.29 μT    電界 7  V/m

 

、、と無線でデータ送信しているので電磁波も高く電界・磁界があり得ない数値になっています。

20210109

 

2021/01/07に危険値のブザーが鳴り電池交換したThermo ではなく

もう1台の方のThermo の危険値のブザーが鳴り電池が切れました。

 

この2台のThermo には、ナノチップが付いています。

目的は私に放射線照射を行う為と盗撮の為とガイガーカウンターに

外部からThermoのチップにアクセスして遠隔操作を行い放射線測定値を

低く改ざんして危険値のブザーを止め放射線照射の犯罪を隠蔽する為です。

私の身体にもナノチップが設置されています。

おそらくシャワーや飲食物から体内に入っていますが映像から両目の眼球と頭の皮膚に

付着しています。そして自宅は、家宅侵入され何千何万と言う数のチップが

壁紙、床、全ての家具や雑貨に設置してありますが実は、最近購入した品物

全てに小型チップが設置されています。そこに後からデータ送信して放射線照射の指示が

書きこまれているはずです。近隣の外壁、自家用車や樹木、私有地地面や

区道、街路灯ここにも私を盗撮と位置情報の確認と放射線照射の指示が書かれた

小型チップが何万と設置され地域一丸となって行われている犯罪で地元民が私のレントゲンの裸のライブ盗撮をアプリで見ています。

小学生や保育園児にも入浴やトイレの盗撮を見せて私の自宅前で怒鳴らせ加害に参加させています。

自宅のトイレは便座にまで盗撮目的でチップがつけられています。

浴室も洗面所もミラーにチップが付いています。

そして、私の、身体のナノチップと方々に設置されたチップがネットワークで繋がり

認証して放射線照射が行われ盗撮映像がデータ送信されます。

他のチップに接近しなくとも外部からそれぞれに設置したチップに通信が行われ一定時間、私に放射線照射が行われています。

南側の防犯カメラには、一晩中電離放射線通過の飛跡や粒子やイオン
、光電子が発生している時があり私有地地面や近隣樹木から私の自宅に
向かって一斉に照射が行われています。

私の体内のナノチップで思考盗聴が行われていてさらに両目の眼球のナノチップで私の見たもの全てがデータ送信されています。

テロリストなみの加害を受けていますが16歳で高校の担任に集団ストーカーテクノロジーのリストに上げられてから水面下で地域一帯に加害組織が配置され地元民も参加して地域全体に広まりました。

現在は足立区を飛び越え

多くの国民が私の放射線照射とレントゲンの裸のライブ盗撮をアプリで見ています。

公安が実行犯で国が予算を出している国家犯罪なので堂々と裁かれる事なく犯罪が行えるからです。

私が高校の担任に集団ストーカーテクノロジーのリストに上げられたようにこの犯罪は、

教育者が犯罪を行っています。そこに、公安、宗教団体、放射線関連施設、建設会社、病院、弁護士、

裁判所などが連帯して加害行為と隠蔽を行っている国家犯罪です。

一人の加害に月3億とも言われる予算が出ています。

もう、日本は、そこまでの国になっています。

訳の分からない未解決事件、行方不明者の数、自殺者の数、精神病院の異様な多さなど

ここに集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害者が数多くいます。

Thermo、危険値のブザーが鳴り撮影すると近隣の男性の映像送信と音声送信があり

電源が切れます。今、その事を書くと男性の娘さんが男性を見て笑っている

映像送信がありました。


ここで電池を入れ直すと通常この機器は、全てがリセットされる

仕様になっていますが、2台共電池を入れても線量も積算も変わっていません。


これは、ガイガーカウンターに設置された小型チップでガイガーカウンターが乗っ取られているから何もリセットされません。

壊れているのなら危険値のブザーすら鳴りませんが壊れている

訳ではないので危険値のブザーが鳴っています。

数値を固定されているはずです。

612 a.JPG

2021年01月23日09:51

 

朝、Thermoの危険値のブザーが鳴りました。

 

そして、Thermoに設置されたモート(粒)に外部から無線で遠隔操作をされ

 

危険値のブザーを止めてきます。

 

最後に静止画を載せていますがThermoの数値が出るプラスチックの窓枠に

二つのモート(粒)が見えますがこれがセンサーとカメラ内蔵の無線通信機器です。

 

この泡のような粒が変形しています。危険値のランプも丸~線に切り替わっています。

 

ATOMTEXの電源を入れると積算が、25.6mSvで線量を0.05μSv/hに変えていますが

危険値のブザーマークが出ていました。

 

次に線量と積算のボタンを押すと0.36mSv。

 

なぜか積算の数値が減っていました。遠隔操作で操作を間違ったのだと思います。

 

その後、無線で元の積算に戻して26.4mSv/hにしています。➡00.5μSv/h➡0.05μSv/h。

積算に切り替えると25.8mSv➡25.9mSv。

MYDOSEとDOSEIは、それぞれの無線通信機器に外部から遠隔操作され

2台共あり得ない0000μSv/hに改ざんしています。

 

動画の最後に載せた静止画は、裏返しになったスリッパが放射線の様々な色の粒子に覆われていたり

白いタイルの床やスーパーの白いビニール袋が様々な色の粒子に覆われていたり

スマートフォンを持った瞬間、私の体内のナノチップのセンサーとスマホのセンサーとが認証して

放射線照射がスマートフォンを通して行われ私の指が消えている画像です。

ATOMTEXの放射線照射もセンサーではっきり出ていました。

MYDOSEとDOSEIもです。

全体に、常に24時間365日放射線照射が行われさらに補足で四方八方のスマート経由で私に

放射線があてられているので強い電磁波で映像が歪んでいます。

ソニーやカメラのキタムラやプラネックスやガイガーカウンターの販売店に遠隔や動画を配信サイト

経由でみてもらい調査してもらいましたが前例がないと言われています。

 

携帯電話基地局の付近や放射線が通過している所で撮影するとこのようになると思うと

言われています。それを、FACEBOOKに載せると加害組織の人間が「嘘だメーカーに見せていない」

など必死になって繰り返し「嘘つき」と送ってきましたがよく分かりません。

 

 

全てのガイガーカウンターにモート(粒)が付いているので遠隔で乗っ取られますし

触れば、私に放射線照射が行われます。

 

けれど、完全に乗っ取られていれば危険値のブザーすら鳴らないのでたまにですが

正常に機能している時もあります。

 

 

ATOMTEの26.4mSv/hも嘘です。本当は、500mSv/h当てられています。

正確には、測れなくとも人間の操作を記録出来たらと思います。

そして、過去の動画でまだ見ていないのが

たくさんあるので

メーカー含めあり得ないと言っている映像をもう少し残して解読できたらと思っています。