er.jpg

あくまでもまだ仮説です。

私の自宅は、ほとんどの部屋に最初から放射線(少量のウランなど)の線源が全体に塗られていているか線源に汚染された木材やレンガなどが使われていて(壁紙や床なども)

そこに中性子を照射をされていてガンマ線とセシウム137が発生しているのかと思っています。

中性子を照射の量により映像に現れる粒子や電子、分子の形状や量や種類が異なっているのではないかと思っています。

規模の小さい核分裂作用がおこいっているのではと思います。

​そしてまだ私を殺さないのは何十年越しの核実験の検体だからです。

勿論、規模が多ければ大変な事になりますが線源がそこまで大きくなくピンポイントで中性子を照射していれば規模の小さな核分裂作用が私の自宅内で起こるのではないかと思うのです。

残念ながら公安や化学者、裁判所や病院、放射線関連施設までもが加担する国家犯罪なので専門科も本当の事は、絶対に話さないはずです。

そして、民間人に最新の軍事兵器の知識は、ありません。

​さらに衛星操作と言う見えない敵がガイガーカウンターや

パソコンを乗っ取りこの犯罪を完全犯罪にしています。

urann.JPG

20201120

21時頃

​曾根さん宅からの照射位置リビング

r0.JPG
ribinngu01.JPG
横山.JPG
asd.JPG

20201121 

2階に入室時に家宅侵入され無数につけられたICチップの指示に沿って放射線照射が行われている攻撃の瞬間です。

家宅侵入は、家族旅行の間に公安に設置されているか自宅を建てた時、設置されているはずです。

20201121 

放射性物質(ガンマ線源・中性子線源)

​が無数に仕掛けてあのは、おそらく区道、自宅前の私有地もです。

we.png
0.JPG
1.JPG
2.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG

私の自宅で核実験が行われている

私の家全体がウラン(放射線線源)が塗り固められています。

そこに中性子を照射されセシウム137が出ています。

映像の青く映っている部分が線源(放射線)だと思うのですが

ほぼ家全体が青く覆われています。

多分ですが15年前住宅を建てた時、もう仕掛けてあったのではないかと思います。

ここに中性子を照射して軽い核分裂作用が起こっているのだと思っています。

 

爆発などの大げさなレベルではありませんが最も人体に悪影響を及ぼすレベルでです。

赤外線カメラに写っているのは、

放射線照射が私に行われている攻撃の瞬間です。

​私がいる場所だけ虹色になり映像がぶれていますがレントゲンのライブ盗撮(放射線を照射した盗撮)の為、電磁波で全体に虹色になっています。

456.jpg
ma.jpg

私の自宅で核実験が行われている

私の自宅で核実験が行われている

ガンマ線と中性子線を同時に照射

やはりセシウム137源泉のガンマ線照射が常にピンポイントで私に行われているはずです。 

外出先でもエステーエアーカウンターSは、定期的に高線量の放射線数値だったので、、 

でもまだ引っかかる所がたくさんあります。

 曾根さん宅のリビングからは、間違いなく粒子が私の自宅に照射されていました。

 けれど外出先や実家に照射していた位置は、また別だと思います。

 

自宅2階の粒子は、南に面した部屋が天井を抜けて攻撃の電子が映り

リビングや和室は、足元、、2階の北側は、全体にイオンが広がっていました。

 

そして、日によって庭の光電子やイオンや粒子の量や自宅内の光電子やイオンや粒子の量が異なっている事。

 

映像からは、いろいろな結果が出ています。

 

電場磁場の高い数値の場所に放射線線源が仕掛けられているとずっと思っていましたが高い数値の場所が照射位置に近いのかとも思います。

 

高いのは東に面した家全体です。

私の家にウラン(放射線線源)があるのかもしれません。

そこに中性子を照射されセシウム137が出ているのかセシウム137源泉のガンマを照射されているのかまだ分かりませんが盗撮の為、ガンマ線は、常に照射されていて同時に中性子を照射されているのではないかと思います。

映像の青く映っている部分が線源(放射線)だと思うのですが

ほぼ家全体が青く覆われています。

多分ですが15年前住宅を建てた時、もう仕掛けてあったのではないかと思います。

ここに中性子を照射して軽い核分裂が起こっているのだと思っています。爆発などの大げさなレベルではありませんが最も人体に悪影響を及ぼすレベルでです。

赤外線カメラに写っているのは、

入室時に家宅侵入され無数につけられたICチップの指示に沿って

放射線照射が私に行われている攻撃の瞬間です。

この攻撃の放射線照射と常日頃の盗撮のガンマ線は、また違います。

​私がいる場所だけ虹色になり映像がぶれていますがレントゲンのライブ盗撮(放射線を照射した盗撮)の為、電磁波で全体に虹色になっています。

放射性物質(ガンマ線源・中性子線源、ウラン235)は、自宅内のいろいろな場所に仕掛けられているかもしれません。

​庭の赤外線カメラなら同じ映像が撮れると思い赤外線カメラを購入しました。​

そして、曾根さん宅から私の自宅に撃たれているのは中性子だと思います。

曾根さん宅だけでなく照射場所は、数多くあり衛星からも照射出来るのだと思います。

小型化された光学兵器は、多くの民間人が所有しているはずです。

区道や私有地にも放射性物質(ガンマ線源・中性子線源、ウラン235)と

攻撃指示のチップが仕掛けられているはずですが私の自宅は、自宅そのものが

建てた時に放射性物質(ガンマ線源・中性子線源、ウラン235)に汚染されているはずです。

ao2.JPG
ao3.JPG

私が入室して攻撃が始まり大きな光電子が飛んできていますがこの時の
私には、電離放射線照射が行われていると思うのですが

ガンマ線照射は、盗撮の為に常に行われていると思うのですが攻撃の瞬間は、

入室した時なのでこの光電子やイオンや粒子は、ガンマ線照射と、また別になるはずです。

dp.JPG

そこだけがまだはっきりしませんがガンマ線照射と同時に中性子を照射されていたり

自宅内にウラン235源泉があるのでは、、と考えています。


映像は、私がその部屋に入らなければ綺麗に暗がりでも撮影されていますが​​​私がカメラの視界に入ると攻撃の中性子で天井までもが虹色になり映像が見れなくなります。​

これは、盗撮の為と殺害目的で常に高濃度の電離放射線がピンポイントで私に照射されているので私が​移動した場所の映像が強い電磁波で歪んでいます。​

キャプチャ.JPG
3b.JPG

攻撃の映像をスローモーションで動画に残しています。

ガンマ線と中性子線を同時に照射自宅にはウラン235線源

20201125

2階の格部屋に入室時、中性子を照射されている映像です。

​攻撃指示の書かれたICチップの指示に沿って隣の家や私有地や区道から中性子を照射されます。それ以外は、盗撮の為、ガンマ線照射が24時間365日行われ裸のライブ盗撮を創価学会の所有する特別な衛星チャンネルで多くの国民が見ています。