KIMG3656.JPG

自宅内で無数に飛び交っている粒子は、

おそらく高濃度のガンマ線照射による電離作用によって小イオンが発生しています。

(電離作用

放射線が物質中を通過し、中性の原子や分子から電子を弾き飛ばして電離させる作用。

一方で ガンマ線が大気を通過する時、

その電離作用によって

酸素や窒素が正の電荷を持つ陽イオンと負の電荷を持つ電子に分かれる

その後、複雑な反応を経て帯電した分子の小さな塊になり

これを小イオンと言い、電気力で移動するのでこの流れが電流になる)

さらに同時に中性子線をあてられているか

衛星のX線レーザーだとも思います。

衛星には、私達がしらない(公になっていない機能が数多く存在します)。

これらの電離作用により私の自宅には、様々な映像、音声、身体の異変が起こっています。

おそらく、私の自宅に高濃度の放射線照射が行われていてそれによって小イオン発生しています。

庭や自宅にガンマ線や、β線α線などの粒子線が高層大気中を通過すると、その相互作用によって、広域にわたって光電効果電離作用を発現させ、光電子オージェ電子イオンが多量に生成される。生成された電子は電子拡散を生じ、地磁気によって回転運動してシンクロトロン放射をしたり、物質との衝突によって制動放射を起こす事によって広い帯域の電磁波が放出されています。

おそらくセシウム137線源を使用して近隣から

ガンマ線を私の自宅に照射している。

 

自宅や私にセシウ137が出ているのは、近隣から至近距離でセシウム137線源を使用してガンマ線を

照射されているからです。

 

もちろん一個人が手に入れられるしろものでは、ありませんが

宗教団体や自衛隊、多額の資金を持っている所なら持っていてもおかしくありません。

 セシウ137は、わずかひと月の埃や髪や爪から出ています。

  

土に埋められているのか、ベランダや床下も考えましたが、電子やイオンの

量は、一定していませんでした。放射線数値も、、

 

​それを考えると人間が数値を決めて照射しているはずです。​

 

私達が思っているより機械は、ずっと小型化していると思います。

500mSv/hに比例した飛跡

2020-11-07 17-57高濃度のガンマ線照射による飛跡は、今までも映っていましたが​​​​2020-11-01 の​洗髪時の放射線照射で一瞬7Sv/h​​​​が出て常にガイガーカウンターが500mSv/hになってから外の飛跡と防犯カメラが高濃度電離放射線照射で固まって誤作動をおこしています。それは、パソコンの発光や自宅内を撮影した時の歪みでも分かります。通常ならこんな光電子が私有地を移動していたら近隣住民は、驚くはずですが光学兵器を使って私の自宅に電離放射線照射をしているのが創価学会加入者の曾根さん、山本さん、松下さんなので誰も驚きません。自分達が行っている犯罪なので、、さらに見渡せる住宅は、皆、お子さんがいる家庭でこの犯罪に加担している伊興中学校と伊興小学校のお子さんのいる家庭ばかりです。以前民事調停の前に一軒隣の山本さんに「挨拶さえなくなってもよければどうぞ」と言われていますが裏で放射線照射をして暗殺をしている人間になんで表面取り繕って挨拶しなければならないのかよくそんな言葉が出てくる、、としか思いません。飛跡は、照射された私の自宅を貫通して区道に出ていたり地面から出ているように見える飛跡もありおそらく区道や電柱、私有地にも照射指示の書かれた小型ICチップがあるのでは、、と思います。飛跡の他にガンマ線が大気に触れ光電子やイオンが発生しています。多くの飛跡や光電子は、3件の家のある東から私の自宅の西に流れています。

政府が、私で人体実験をして電離放射線照射を近隣から行い

私の自宅内に高濃度のンマ線が発生している為、庭や区道にまで光電子やイオンが飛び交っています。

1.JPG
1-1.JPG

自宅が霧箱になっている為、外に放射線が飛び出しています。見ると自宅そのものが霧箱になりその周りを放射線と通過した後の飛跡が飛んでいます。

​電磁パルスの光電子が飛び交っています。

2.JPG
2-2.JPG
2-3.JPG
3.JPG
3-2.JPG

​よく加害者組織の人間がネットに動画を投稿すると埃と言っていますがこんなに大きな埃は、ないです。

to0.JPG
tr.JPG
tr3.JPG

​埃などではありません。電磁パルスによって光電子が飛び交っています。

t3.JPG
t.JPG
t2.JPG
t4.JPG
t5.JPG
t6.JPG
t7.JPG
t8.JPG
y1.JPG
y2.JPG
y3.JPG

​右の白いギザギザした粒子が区道を飛び交っていますがこれが電磁パルスで発生する光電子です。

dennjiha.JPG

​拡大します。

denjiha.JPG
dddd0.JPG
dddddddddddddd.JPG
dddddddd2.JPG

​上の電磁パルスの光電子の動画です。

ffffffffffffff0.JPG
fffffffff02.JPG
mko.JPG
giza.JPG

​上の電磁パルスの光電子を拡大したものです。

kd.JPG

​上の電磁パルスの光電子の動画です。

2020-08-13 電磁パルス攻撃

電磁パルスの光電子が飛び交っています。

000000000000000000000000000000.JPG
00000.JPG
0001.JPG
000.JPG
002.JPG
002.JPG
02.JPG
003.JPG

2020-08-16 電磁パルス 庭までもが放射線の霧箱の飛跡と電磁パルスの光電子

ll0.JPG
ll2.JPG
ll.JPG
ww.JPG
101.JPG
40.JPG
50.JPG

スタンダード

hd2.JPG
hhdd.JPG
dkou.JPG
dp2.JPG

原理的には、核爆発を起こさなくとも、コンデンサなどを使い電磁パルスを発生させることが可能である。そのため、非破壊・非殺傷兵器として敵の電子装備を麻痺させるEMP爆弾などが考案されているが、21世紀初頭の技術では核爆発によるものと違って小さな規模の電磁パルスしか発生できず、有効半径はせいぜい100 m程度だと言われている。なおアメリカ軍が開発を進めているといわれるが、公式には実用化はされていない。

 

、、、、、、、、、、、、

 

とのことでこの軍事兵器の実験を私の自宅と私で勝手に公安が家宅侵入してコンデンサを私の自宅内に取り付け行っています。人間とは、思っていなく殺してもいい人間として選別しています。

おそらく警察は合成写真だと言ってくるはずです。

どのようにして証拠を集めても統合失調症とレッテルを張ってごまかしてきます。加害者組織の人間が必死になって統合失調症に仕立てあげます。

癌になっても因果関係などないと言ってきます。

周到に仕組まれた国家犯罪だからです。

 

​命の危険

se.JPG

民間業者で自宅内や私の髪を調査してもらい通常一般家庭で検出されないセシウム137が出ました。

​私は、ひと月前に紙パッククリーナーを交換ししているのでわずかひと月分の埃です。しかも自宅は常に閉め切っていました。通常セシウム137は、検出されない放射線物質です。

簡単に説明すると広島や長崎の原爆から出る放射線です。

​一般には、出ません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0137

セシウム137は、1945年広島・長崎への原子爆弾投下によって地球上に放出され、1940年代〜1960年代のアメリカ・ソ連の核実験、1954年ごろからの大規模な水爆実験や核事故で高濃度に放出された。 1960年代前半に日本人は1日に1 Bq以上を摂取していたと推定されている。チェルノブイリ原子力発電所事故においても大量に放出され、2005年現在、セシウム137はチェルノブイリ原子力発電所周辺の放射線汚染地域での、主な放射線源である。原子炉内部の物質が環境中に放出されたとき、セシウム134ヨウ素131ストロンチウム90プルトニウムとともに、セシウム137は健康への影響が最も大きい放射性同位体の1つである[

2020年7月9日、今朝も2つの放射線測定機の危険値のブザー音がなりました。私は、勝手に公安から人体実験の被験者に選ばれて24時間365日足立区民に衛星チャンネルで監視、盗撮され宗教団体や地域住民に嫌がらせを受けてきました。国家犯罪に気がついた私を急いで被爆させようとしています。

2020年7月9日、今日も朝から危険値のブザー音。

危険値は、​2020年6月29日、5月20日以降1時間で820マイクロシーベルトがピーク時の被爆   危険値のブザー音  危険値のブザー音はこの機器は、販売店で設定して販売しています。

一度目が一律100マイクロシーベルト2度目が1000マイクロシーベルト3度目が2000マイクロシーベルトになっています。それ以降上がっていきます。7月5日にも危険値のブザー音が鳴っています。他の測定機も1日4ミリシーベルトを超えていました。

スタンダード

​庭の電磁パルス映像

g.JPG
ggg.JPG

高速移動して点滅する粒子

前半高速移動して点滅する粒子が見えますがこの速度と放射線の線量
が関係していると思います。

おそらく電磁パルスの光電子にしても
早く活発に移動するほどエネルギーが高く高い電磁パルスや放射線なのだと思います。

後半は、自宅周りを放射線が通過した後の白い飛跡が飛んでいますが、

これもまた
放射線の線量に比例して活発になるのだと思います。


たくさん飛散している時、高線量の放射線が照射されている事になります。

放射線は、目でみれませんが放射線が通過した後の白い飛跡は、

条件さえ揃えばこのように見れます。

高速移動する粒子も映っていますが、このように活発になっている時

高線量の放射線照射が長時間行われています。

​​​​​2020年9月29日​​

​コンデンサを使った電磁パルス攻撃​
​5Gで鳥がたくさん死んでいるのを皆、騒いでいますが、そんなもんじゃありません。​


​​原子力爆弾で出るセシウ137が出ています。​​

​外にもたくさん飛跡が飛んで放射線が漏れています。​

放射線は、肉眼で見えませんが放射線が通過した後の白い飛跡は、条件さえ

揃っていればこのように映像として見れます。

この放射線が通過した後の白い飛跡は、私の自宅内にも

長期間飛んでいました現在もですが、大量に飛んでいた

2020年4月、5月、6月、7月、8月頃の動画をたくさん残してあります。

2020-11-08 19-25

 

​​​​2020-11-01 に

​洗髪時の放射線照射で一瞬 ​​7​Sv/h​​が出て頻繁に500mSv/h​が

 

出るようになってからここ最近さらに自宅内の映像が歪み

 

 

防犯カメラが頻繁に止まったり映像は以前とくらべ物凄い

 

電磁波で歪んでいます。

 

区道には、光電子やイオンがたくさん飛んでいます。

2021-01-06 

 

南側私有地一帯には、放射線照射指示の書かれたチップが設置されています。

一定時間、私の自宅に放射線照射指示がデータ送信されこのように

四方八方から放射線照射が行われます。

白く見えているのが放射線通過後の飛跡や粒子や電子やイオンです。

数回、プラネックスに映像を遠隔で見てもらいました。

2名の担当でしたが2名共「見た事がない、類似映像が無い、長く販売しているけれどこのような現象の事例が無い」、、でした。

Facebookに動画を載せると「嘘つきだ、メーカーに見せていない、誇りだ
」。と多くの加害者が必死で統合失調症に仕立ててきました。

この犯罪は、もうそれほどまでに国内に浸透しています。

放射線犯罪を皆が共有しているのです。

私の両目眼球と頭にもスマートダストと言うパウダーチップが設置されています。

 

日立が製造していますがこれ以外にも大手メーカーが耐放射線小型チップを開発していて

 

いくつもの会社が製造しているはずです。

 

このパウダーチップは、肉眼で見えない大きさですが多分飲食物や飲料水や

 

シャワーなどから

 

体内や皮膚に付着して設置され屋外のスマートダストと繋がります。

 

 

チップは神経細胞に溶け込んで、融合することができるそうです。

 

 

引用

 

 

 

スマートダスト(賢い塵)とは、米粒よりも小さなセンサーを世界中にばらまき、都市、自然、個人のデータを収集して役立てようという考え方に基づいており、光、温度、振動、磁気、化学物質等、センサーで取れるデータが収集の対象となる。

 

 

https://ameblo.jp/matsui-yuka/entry-12591231242.html

 

https://note.com/nogi1111/n/n3e7a5a79e80f

 

 

極小サイズのナノチップとスマートダストがひとたび人体に入り込むと、そのまま体内に留まって他のチップとの人工ネットワークを形成するそうです。

 

ナノチップとは?

「ナノ」は「マイクロ」よりも3桁小さい、「10億分の1」という意味の言葉です。

マイクロチップは米粒程度の大きさですが、ナノチップはもはや肉眼では全く見えません。

 

人間の髪の毛よりもはるかに細いものもあり(例:0.4×0.4mmのμチップ)、2015年にはIBM社がわずか7nm(ナノメートル)の実用ナノチップを開発したと発表しました。参照までに、人間のDNAの鎖は約2.5nmで、赤血球1個の直径は約7500nmです。

 

ナノチップは環境から電力を得ることができるので(電池を必要としない)およそ100年ほどは稼働し続けることができます。最初から人体に注入されるのではなく、まずは製品に入れ込まれる予定です。

 

 

私は、無線で手動でデータ送受信していると思っていますが

 

(ガイガーカウンターやパソコン乗っ取りも、、)

 

極小サイズのナノチップとスマートダストがひとたび人体に入り込むと、そのまま体内に留まって他のチップとの人工ネットワークを形成は、仕組み自体は、全く同じです。

 

使われているチップの種類の違いだけで、、

 

そして、照射されている放射線自体も電線からや近隣の光学兵器を使ってや衛星レーザーから

 

や自宅内の電気回路からさらに自宅内に仕掛けられた線源からと幾つもの照射場所があります。

 

加害もマイクロ波、思考盗聴、放射線、毒ガス、ウイルス、言葉の暴力、音声映像送信様々ですが

 

もう最終段階に入っていて加害を世間に分からせる加害に変えています。

 

人間の身体が進化して加害に耐えられる超人にならない限りこのような軍事兵器に対抗するすべが

 

ないのです。