hs.JPG

現在の人工衛星には驚くばかりの、そしてたびたび威嚇的なことが行える。そのことは世界的にほとんど知られていない

引用

「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」

https://ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12152200707.html

偵察衛星はターゲットが屋内にいようと、建物の奥深くにいようともしくは乗用車に乗ってハイウェイを高速で走っていようと、いかなる天候(曇り、雨、嵐)であろうとその人のあらゆる活動を監視できる。地球上には隠れる場所がない。全世界を探知するために必要なものはたった3機の衛星だけである。驚くべき機能を備えた衛星には人々の全ての活動を追跡し、そのデータを地上のコンピューター・スクリーンに中継することの他に人間の心を読み、会話を監視し、電化製品を操作し、誰かをレーザー・ビー
ムによって物理的に攻撃することができる。

数100マイルもの上空にある衛星は腕時計のデジタル・
アラームのセッティングを消してしまうことができる

衛星を使った国家犯罪

​電化製品の数値は、衛星経由で自在に変えられる

00.5マイクロシーベルト

00.5.JPG

この動画に繰り返し見られる00.5μSv/hですが通常の0.05μSv/hとの違いは、地上の人間が衛星経由で操作をして私に高線量の放射線を照射していますがその実際の数値を改ざん

して下げる為、00.5μSv/hにしておとしています。

一つの動画を例に説明します。

​​2020年09月04日 突然電源を入れると一瞬14.4ミリシーベルトに、、

14.4.JPG

それを急いで下げる為、衛星経由で地上の人間が操作をして、00.5μSv/hの最も低い数値にして下げています。

00.5  2.JPG

0.05μSv/hに切り替わります。

0.05.JPG

0.29μSv/hに切り替わりその後ゆくっり下がっていきます。

0.29.JPG
0.20.JPG
0.15.JPG
0.11.JPG

いったん電源を切り再び入れ直すとまた00.5μSv/hになります。

2  0.05.JPG

2020年09月14日の動画を例に説明します。

​​​​電源を入れると00.5μSv/hになりその後0.05μSv/hに変わります

キャプ10.JPG

00.5μSv/h

0.05.JPG

1.13mSv/hになります。やはりミリシーベルト単位の放射線照射です。

1.13.JPG

その後847μSv/h

847.JPG

危険値のブザー音。​​​

u.JPG

​その後565μSv/h

565.JPG

0.05μSv/hに、、

0.05.JPG

​2020-10-18 10-59
​​​​エステーエアーカウンターSが9.99μSv/h越えで​測定不能​、ATOMTEXが22.2​mSv/h​​​​​

ずっとエステーエアーカウンターSのガンマ線のブザー音が6台とも異常な鳴り方で​1台が9.99μSv/hの測定不能、​

​同時にATOMTEXの電源を入れると危険値のブザー音で立上がりの甲高い音で​

​​​​​​​6.22​mSv/h​​​➡22.2​mSv/h​​​➡00.5mSv/h​​➡14.8​mSv/h​​​➡8.91mSv/h​​​危険値のブザー音​​​​​​​

6.JPG
6.22.JPG
22.2.JPG

​​ここで急いで下げる為、0.05マイクロシーベルトではなく​00.5​マイクロシーベルトにしています。​​

00.5.JPG

00.5マイクロシーベルトにしても下がりきれず

14.8​mSv/h​​​

14.8.JPG

​放射線照射されている時は、数値がゆっくり下がっていきます。

8.91.JPG

​​​20201018

エステーエアーカウンターSとATOMTEX同時に危険値のブザー音
 

​​エステーエアーカウンターS​のガンマ線のブザー音がずっと異常な鳴り方をしていました。​

そして、かるい爆発のように耳と頭がずっとしびれていました。

​​エステーエアーカウンターSを動かして衛星経由での数値の改ざんの操作を妨害すると​​

​数台が高線量の放射線数値になります。​

1.51.JPG

ATOMTEXの電源を入れると立上がりで​線量率の危険値のブザー音​が鳴ります。​​

その後もう1度、電源を入れ直すと左が​0.71μSv/h​

0.71.JPG

ここでまた右の測定器から​​立上がりで危険値のブザー音。​​

​このブザー音の危険値は、積算線量が設定値を超えた音です。​

​0.05μSv/hではなく本当の数値を出さない為、​00.5μSv/h​にしています。​

​右の測定器のボタンを何度か積算と線量に切り替えると0.71μSv/hに、、​

その後0.92μSv/hに、、

00.5.JPG

​右の測定器のボタンを何度か積算と線量に切り替えると0.71μSv/hに、、​

その後0.92μSv/hに、、

0.JPG
0.92.JPG

洗髪時の放射線照射

2020-10-20 13-27

ATOMTEXの電源を入れるといつも危険値のブザー音が鳴るガイガーカウンターの方が2.67mSv/h  

やっぱり常にミリシーベルト単位の放射線照射です。

エステーエアーカウンターSのガンマ線もひっきりなしに鳴っています。

2.67MSV.JPG

急いで衛星経由で00.5μSv/hにして下げます。

00.5.JPG

その後、0.05μSv/h

0.05.JPG

衛星を使った犯罪は、多くの事ができます。

ガイガーカウンターの数値の改ざんだけでは、ありません。

今、日本で売られているガイガーカウンターのほとんどが衛星経由で地上の人間が数値を改ざんする事が可能です。

その為、測定器を購入しても正確な数値が分からないまま

高線量の放射線を照射される可能性があります。

さらに、多くの販売店がこの国家犯罪に共謀していて既に最初からある一定の線量の放射線数値しか出ないように設定されている場合があります。

私の被害は、街ぐるみで行われていて足立区でこの犯罪を知らない学生は、いません。自宅前の伊興中学校に加害組織の人間が集中していた為、ここを拠点に全国の学生にアプリで広まっています。区が選別して公安、創価学会、自衛隊、防衛省で行っている犯罪の為、学校教員が生徒に委託して犯罪を行っていました。

OBの教員達も加担していて放射線照射の時間「裁き」「リンチ」と言いアプリで繋がります。

既に多くの国民がこの魔女狩りのような犯罪に加わっています。

ネズミ講のように広まり創価学会の持つ特別な盗撮用の衛星チャンネルを多くの国民が契約しています。

犯罪が起こった時、真っ先に頼るべき警察が実行犯の国家犯罪です。マスコミも一切の事実を知っていて報道しません。

病院、放射線関連施設、裁判所や弁護士までもこの犯罪に加担していて立件できないようになっています。

​私は、被害が国外にまで広まっています。

衛星経由の操作は、目と鼻の先の創価学会加入者の自宅から行われています。

通常の被害者達と明らかに数値が違い常に

​ミリシーベルト単位の放射線照射が行われています。一番被害が酷かった2020年3月は、Gy単位の放射線照射が行われてさらに私の実家の家族にも無差別に放射線照射が行われていました。

現在も癌にして殺害する目的で大量の放射線照射と並行して

​電磁パルス攻撃、マイクロ波攻撃、言葉の暴力、衛星レーダーでの攻撃、衛星を使った裸の状態でのライブ盗撮と上映、アプリを使った付きまとい、盗撮、放射線照射の閲覧など軍事兵器を用いた様々な犯罪が私に行われています。

先程、2020/10/27 00:02にWIXのホームページを曾根さんにハッキングされ壊されてから

 

またトイレの扉から電離作用によって粒子や光電子やイオンが自宅内に流れています。

 

まだ投稿していませんが、昨日のガンマ線照射の同時刻に庭の防犯カメラにも沢山の粒子や

 

飛跡が活発に動いていました。

 

その後、トイレの位置を外に向かって撮影しました。

 

トイレの前は、曾根さん宅しかありません。

 

昨日と全く同じですが、ハッキングの後、エステーエアーカウンターSのガンマ線がけたたましく

 

鳴り、ATOMTEXの電源を入れると危険値のブザー音。

 

 

3.12mSv/hですがすぐに00.5μSv/hにしています。

 

ミリシーベルト単位の放射線照射です。

 

外の映像は、強い電磁波で歪んでいました。外は、可視カメラでないと映らないと思います。

3.12.JPG
00.5.JPG

2020/10/27

ずっとガンマ線のブザー音は、通常の鳴り方ではなく

​ATOMTEXは、電源を入れるたびミリシーベルト単位の放射線数値です。

電源を入れると7.71mSv/h

7.71.JPG

衛星経由で地上の人間が操作して0.05μSv/hではなくそれより低い00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。

00.5.JPG

20201102

電池交換をしてATOMTEX電源を入れると

​3.07mSv/h。

3.07.JPG

衛星経由で地上の人間が操作して0.05μSv/hではなくそれより低い00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。

00.5.JPG

その後すぐ0.05μSv/hになります。

0.05.JPG

 2020-11-03 14-11
洗髪時放射線照射  00.5μSv/h


ATOMTEX電源を入れると​積算が123μSvでりせっとしていないので

 

危険値のブザー音。

 

線量率は、衛星経由で地上の人間が操作して0.05μSv/hではなくそれより低い00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。その後すぐ0.05μSv/hになります。

 

①00.5.JPG
0.05.JPG

洗髪時、0.24μSv/hなどの数値が繰り返されます。

洗髪後、線量率と積算の電源のオンオフを繰り返すと

 

00.5μSv/h➡0.05μSv/h➡00.5μSv/h

 

00.5μSv/hが2回繰り返され衛星操作で数値を下げて改ざんします。

 

 

合計3回の00.5μSv/h。

 

皮膚に刺すような痛みがあり前々回の7Sv/hを見ても本当の数値は、

 

桁外れです。

 

積算は、乗っ取られていますが危険値のブザー音を止める為、リセットして

 

0.00μSv/に戻しました。

20201103

​エステーエアーカウンターSのガンマ線のブザー音が通常と異なりATOMTEX電源を入れた後線量と積算を切り替えるとと366μSv/h。

366.JPG

その後すぐ00.5μSv/hになります。

衛星経由で地上の人間が操作して0.05μSv/hではなくそれより低い00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。

2.JPG

その後すぐ27.7mSv/hになります。

27.7.JPG

27.7mSv/hになりまが00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。

2.JPG

説明した、動画です。

同じく 2020-11-03 14-11

 

エステーエアーカウンターSの6台のガンマ線のブザーが

あまりにもうるさくATOMTEX電源を入れると危険値のブザー音。

線量率は、衛星経由で地上の人間が操作して0.05μSv/hではなくそれより低い00.5μSv/hにして数値を下げて改ざんします。

何度か積算と線量のボタンを切り替えると

6.53mSv/h
やっぱりミリシーベルト単位の放射線数値です。

6.53msv.JPG

6.53mSv/h➡4.35mSv/h➡危険値のブザー音。

 

4.35.JPG
u.JPG

2.61mSv/h➡5.04μSv/h➡2.39μSv/h➡1.55μSv/h➡1.13μSv/h

 

とゆっくり下がっていきます。

2.61.JPG

スタンダード

5.04.JPG
2.39.JPG
1.55.JPG
1.13.JPG

この画像の動画です。

20201106

00.5μSv/h

 2020-11-07この動画に繰り返し見られる00.5μSv/hですが通常の0.05μSv/hとの違いは、地上の人間が衛星経由で操作をして私に高線量の放射線を照射していますがその実際の数値を改ざんして下げる為、00.5μSv/hにしておとしています。放射線照射をして癌にして殺害する犯罪ですがここに衛星を使ったガイガーカウンターの乗っ取りを組み合わせて完全犯罪にします。二つ目の動画は、完全にガイガーカウンターを乗っ取られてしまい一つ目の動画と違い00.5μSv/hすら出なくなります。撮っている目的は、トータルの動画で第三者に犯罪を分かってもらうためです。防御法などではなくこのような国家犯罪が堂々と行われ多くの人間が亡くなっている事を分かってもらえたらと思います。

2020-11-10

 

ATOMTEX電源を入れると0.05μSv/h。

 

線量と積算のボタンを切り替えると5.55mSv/h​➡00.5μSv/h​➡0.05μSv/h。

 

積算は、20.8mSvから20.9mSv。

 

20201101に一瞬7Sv/hがでてからずっと500mSv/hの照射をされていますが

 

体の症状は、胸がつかえ食べ物が逆流して胃酸が出ています。

 

2020年3月9日より殺害レベルの放射線照射に切り替わりますが

 

そこまでの病院の検査で白血球などで一切引っかかっていません。

 

現在、大量に放射線照射をされ始めて8か月ですがどのくらいの期間でどの癌に

 

なるかカウントしてみたいと思います。

5.55.JPG
00.5.JPG
0.05.JPG

2020-11-10 15

 

ATOMTEX電源を入れると14.7mSv/h​➡11.0mSv/h​➡危険値のブザー​➡7.37mSv/h​➡0.05μSv/h。

14.7.JPG
u.JPG
11.0.JPG
7.37.JPG
0.05  2.JPG

洗髪時は、改ざんされているので0.29μSv/hくらいを繰り返します。

 

 

洗髪が終わると0.30μSv/hですが線量と積算のボタンを切り替えると

00.5μSv/h​➡225mSv/h。

0.30.JPG
0.05  2.JPG
225.JPG

オートで放射線照射数値を500mSv/hにしていますが先に00.5μSv/h​で下げているので

225mSv/hは、下がっていく過程の数値です。

その後電源を一旦落として再び入れ直すと0.05μSv/h​➡10.0mSv/h。

 

下げていく過程で一瞬、10.0mSv/hになります。

01.JPG
02.JPG
10.0 2.JPG

ATOMTEX電源を入れると衛星操作で危険値のブザーを消したので変な音になっています。

 

 

0.05μSv/hで積算に切り替えまた線量に切り替えると

線量が00.5μSv/h。

 

そのまま443mSv/h➡00.5μSv/h➡0.05μSv/h。

 

物凄い電磁波でATOMTEXの映像が歪んでぶれています。

0.05.JPG
00.5.JPG
44.3.JPG
00.5.JPG
0.05.JPG

2020-11-17 先程、一瞬で積算が0.70μSvになり電源を落とた直後350μSv/hを超えるか設定値を超えてATOMTEXがエコノミーモード終了して自動で立上がりました。

0.70.JPG

その後少しして洗髪の撮影をしました。電源を入れて線量に切り替えると00.5μSv/h。線量と積算のボタンを何度も切り替えると0.05μSv/h➡0.50μSv/h。

00.5.JPG
0.05.JPG
0.50.JPG

OFFを押していないのにOFFになったので一旦電源を切り入れ直すと甲高い危険値のブザーで500mSv/h(下げていく過程なので実際には、Sv/h単位です)。➡00.5μSv/h➡0.05μSv/h➡0.05μSv/h

500msv.JPG

OFFを押していないのにOFFになったので一旦電源を霧入れ直すと甲高い危険値のブザーで500mSv/h(下げていく過程なので実際には、Sv/h単位です)。➡00.5μSv/h➡0.05μSv/h➡0.05μSv/hなのに危険値が鳴り続け積算に切り替えると948μSv。積算が0.70μSvから一瞬で948μSvに。線量に切り替えると0.05μSv/h。ここで私は電源を切っていませんが衛星操作で電源を切って再び立ち上げてきます。積算は、948μSvから元の0.70μSvに直されます。線量に切り替えると0.05μSv/h。最後に洗髪が終わって電源を切って再び立ち上げると5.04mSv/h➡00.5μSv/h➡0.05μSv/h。逆にガイガーカウンターが壊れているなら元の積算の数値に戻る事は、絶対にありません。人間が行っている操作や犯罪だとはっきりと分かります。 

94.JPG
0.70.JPG
hs2.JPG